HDLコレステロール
HDLコレステロール

HDLコレステロールの概要

この項目は、血液中のHDLコレステロールの量を調べる検査です。
正確には、HDLリポ蛋白中に含まれているコレステロールの量を調べています。

体内に存在するコレステロールは、脂肪酸と結合しているコレステロール(エステル型コレステロール)と結合していないコレステロール(遊離型コレステロール)があります。

健常者の血液中には、エステル型が約70%、遊離型が約30%の比率で存在しています。

コレステロールは脂質のため、血液のような水分には溶けることができません。
そのため、血液中には単独で存在することはできず、蛋白質に覆われた状態で存在しています。
この状態をリポ蛋白といいます。

HDLコレステロールはこのHDLリポ蛋白中に含まれているコレステロールを指します。

HDLコレステロールは、末梢の各組織からコレステロールを肝臓に運ぶ働きがあります。

この働きが抗動脈硬化となるため、別名、善玉コレステロールと呼ばれています。

HDLコレステロールが低値の場合、動脈硬化性疾患(虚血性心疾患や脳血管障害など)を起こす危険性が高くなるため、運動・食事・薬物等でコレステロール値をコントロールする必要があります。

HDLコレステロールは高ければ高いほうがよい?

HDLコレステロールは、上記でも記しましたように、各組織からコレステロールを肝臓に運ぶ働きがあり、抗動脈硬化作用があるため、高いほうが冠動脈疾患になりにくいといわれています。

そのため、高HDL血症は別名、長寿症候群と言われていました。
通常、高HDL血症という場合は100mg/dl以上を指し、日本では1000人に1人位はいると言われています。

しかし、最近ではこの高HDL血症のなかにCETPという酵素蛋白が欠損している場合があり、CETP欠損症の人は冠動脈疾患になりやすいとの報告があります。
ただし、CETP欠損症と心血管病合併症との関係については、いまのところ結論がでていないのが現状のようです。

そのため、現在のところ、HDLコレステロールが低い場合や、高HDL血症のように高すぎる場合も注意をしたほうがよいでしょう。

コレステロールの計算式と動脈硬化の指標

動脈硬化の指標
LDLコレステロールが高い場合やHDLコレステロールが低い場合は、動脈硬化を進行させるため注意が必要ですが、LDLコレステロールが正常でも要注意です。
なぜならば、LDLコレステロールが正常でもLDL/HDL比が高い場合、心筋梗塞などの動脈硬化性疾患に罹る危険が高まるからです。

LDL/HDL比:LDLコレステロール÷HDLコレステロール

基準:2.0以下 (高血圧や糖尿病,狭心症などの既往があるかたは1.5以下)
※値が高いほど動脈硬化が進行していると考えられる。

コレステロール計算式
現在、LDLコレステロールは直接測定されることが多いですが、計算式によっても出すことが出来ます。

LDLコレステロール = 総コレステロール ― HDLコレステロール ― 中性脂肪 ÷ 5
※ただし中性脂肪が400mg/dl以下の場合に限る

脂質異常症の診断基準
(日本動脈硬化学会:動脈硬化性疾患診療ガイドライン2007より)

高LDLコレステロール血症
LDLコレステロール≧140mg/dl

低HDLコレステロール血症
HDLコレステロール<40mg/dl

高トリグリセライド血症
トリグリセライド≧150mg/dl

※総コレステロール値はこの診断基準から除外されました。
それは、総コレステロール値が診断基準値以下であっても、LDLコレステロール値が高かったり、また、HDLコレステロールが高いためにその結果、総コレステロールが高くなってしまうなど、動脈硬化性疾患の正確な判断ができない場合があるためです。

HDLコレステロールの生理的変動

性別・年齢による変動

男性より女性のほうが高い値を示しますが、閉経後はほぼ同じ値を示します。

これは女性ホルモン(エストロゲン)が影響しているためです。
エストロゲンは、LDLコレステロールを減少させ、HDLコレステロールを増やす働きがあります。
そのため、閉経によってエストロゲンの分泌量が低下すると、HDLコレステロールは閉経前よりも低い値となります。

その他の影響による変動

適度な運動、適度な飲酒はHDLコレステロールを増加させる傾向があります。

逆に喫煙や肥満の方は、HDLコレステロールが減少する傾向がありますので注意が必要です。

コレステロールの働きについて

コレステロールのはたらきは主に、細胞膜の材料、ステロイドホルモンの材料、胆汁酸の材料の3つがあります。

  1. 細胞膜の材料
    私たちのカラダは約60兆個の細胞でできています。
    これらの細胞1つ1つは細胞膜で覆われていて、細胞を保護する働きや細胞同士の物質のやり取りをおこなう働きがあります。
    コレステロールはこの細胞膜を作るための材料として使われます。
  2. ステロイドホルモンの材料
    ホルモンは、カラダの機能や成長などを調節する働きがあり、コレステロールはそのなかの副腎皮質ホルモンや性ホルモン(男性ホルモン、女性ホルモン)などのステロイドホルモンの材料となっています。
  3. 胆汁酸の材料
    胆汁酸は、体内で脂肪の消化を助ける働きがあります。
    コレステロールは、この胆汁酸をつくる材料として使われています。

コレステロールの吸収と合成

食事で摂取したコレステロールは小腸から吸収されて、様々な作用をうけて肝臓に取り込まれます。

実は、食事から摂取されるコレステロールの量はさほど多くなく、体内に存在するコレステロールの約70〜80%は主に肝臓で作られています。

血液中のコレステロールは、食事からの摂取、体内での合成、胆汁酸による体外への排泄等のバランスにより保たれています。

コレステロールの排泄

コレステロールは、胆汁酸の原料であるため、肝臓で胆汁酸に変換され、胆汁中に排泄されます。

胆汁中に排泄された胆汁酸は、小腸でほとんどが再吸収されて、肝臓に運ばれて再利用されます。
小腸で吸収されなかった胆汁酸は、糞便中に排泄されます。

検査の目的

1) 健康診断の脂質検査項目として
2) コレステロールの異常が疑われる場合やその経過観察

参考基準値  (単位:mg/dl)

男性 : 40 〜 85

女性 : 40 〜 95

※基準値は施設ごとで異なる場合があります。

HDLコレステロールが異常を示す病態

高い値を示す場合
家族性高HDL血症 など

低い値を示す場合
甲状腺機能亢進症 ・ 腎不全 ・ ネフローゼ症候群 ・ 糖尿病 ・ 肥満 など