SCC抗原(扁平上皮癌関連抗原)
SCC抗原

SCC抗原(腫瘍マーカー)の概要

この項目は、腫瘍マーカーであるSCC抗原(扁平上皮癌関連抗原)の血液中の量を調べる検査です。

SCC抗原は、扁平上皮に存在する扁平上皮関連蛋白です。
扁平上皮癌で高値を示すため、各種扁平上皮癌の腫瘍マーカーとしてもちいられています。
具体的には、子宮頸部がん、肺がん、頭頸部がん、食道がん、皮膚がんなどの診断の補助や経過観察、治療判定の補助として用いられます。

但し、扁平上皮のある部位の良性疾患でも高値を示します。

腫瘍マーカーについて

腫瘍マーカーは基本的に、早期のがんでは値の上昇する確率が低いため、一般的にがんの早期発見目的としては用いられません。
また、腫瘍マーカーは良性疾患で高値となったり、対象のがんすべてで高値を示すわけではないため、他の検査と併せて検査を実施する場合が多く、がんの診療の補助的検査としてもちいられます。

検査の目的

各種扁平上皮がんを疑う場合や、その経過観察や治療効果の判定として

参考基準値  (単位:ng/ml)

1.5 以下

※基準値は施設ごとで異なる場合があります。

SCC抗原が高値を示す病態

悪性疾患
子宮頸がん ・ 肺がん ・ 頭頸部がん ・ 食道がん ・ 皮膚がん など

良性疾患
・ 皮膚疾患(アトピー性皮膚炎、乾癬 など)
・ 呼吸器疾患(肺炎、気管支炎、気管支喘息、結核 など)
・ 腎疾患(腎炎、腎不全 など)
・ その他