妊婦検診
妊婦検診

妊婦検診一覧

妊娠と尿蛋白
妊婦検診で行われている尿蛋白検査は、腎機能の低下や妊娠高血圧症候群などの異常を早期に発見する目的があります。
妊娠と尿糖
妊婦検診で行われている尿糖検査は、糖尿病や妊娠糖尿病を早期に発見する目的があります。
妊娠と梅毒検査
妊婦検診で行われている梅毒検査は、赤ちゃんが梅毒に感染するのを防ぐ(先天性梅毒を防ぐ)目的で検査が行われています。
妊娠とトキソプラズマ抗体 
妊婦が妊娠中にトキソプラズマに初めて感染すると、胎児に障害が現われる場合があるため、それを防ぐ目的で検査します。
(感染症カテゴリの「トキソプラズマ抗体」のページに移動します)
妊娠と風疹抗体検査
妊婦検診で行われている風疹抗体検査は、赤ちゃんが風疹に感染するのを防ぐ(先天性風疹症候群を防ぐ)目的で検査が行われています。
妊娠とB型肝炎検査
妊婦検診で行われているB型肝炎検査は、赤ちゃんがB型肝炎ウイルスに感染するのを防ぐ目的で検査が行われています。
妊娠とC型肝炎検査
妊婦検診で行われているC型肝炎検査は、赤ちゃんがC型肝炎ウイルスに感染するのを防ぐ目的で検査が行われています。
妊娠とHTLV-1検査
妊婦検診で行われているHTLV-1検査は、赤ちゃんがHTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス 1 型)に感染するのを防ぐ目的で検査が行われています。
妊娠とHIV検査
妊婦検診で行われているHIV検査は、赤ちゃんがHIVに感染するのを防ぐ目的と、知らない間にお母さんが感染してるのを発見する目的で検査が行われています。
妊娠とクラミジア検査
妊婦検診で行われているクラミジア検査は、赤ちゃんがクラミジア・トラコマティスに感染するのを防ぐ目的と、知らない間にお母さんが感染してるのを発見する目的で検査が行われています。
妊娠とB群溶血性連鎖球菌検査
妊婦検診で行われているB群溶血性連鎖球菌(GBS)検査は、赤ちゃんがB群溶血性連鎖球菌に感染するのを防ぐ目的で検査が行われています。
妊娠と貧血検査
妊婦検診で行われている貧血検査は、赤ちゃんを安全に出産するために検査が行われています。
妊娠と子宮頸がん検査
妊婦検診で行われている子宮頸がん検査は、若い方が検査を実施する機会を増やし、早期に子宮頸がんを発見する目的があります。
妊娠と血糖検査
妊婦検診で行われている血糖検査は、糖尿病や妊娠糖尿病を早期に発見する目的があります。